3月5日 じっちゃま放送振り返り&これからの戦略

3月5日にじっちゃまのYoutubeライブがありました。

 

この放送の内容の要点をまとめておきます。

 

じっちゃま発信内容

ライブ前半のじっちゃま発信部分の内容です。

雇用統計とこれからの金利の動きについて

雇用統計は強くなる。しかしFRBは利上げはしないと予想。
 
このライブの後に雇用統計が発表され、その内容は強いものでした。

前半の超時短まとめ

 
 
SAN
放送の要点です!
  1. 今回の雇用統計は強くなると市場は予測。
  2. その結果、10年債利回りは上昇。折り込んでいる。
  3. 昨年FRBはインフレターゲット2%を目指すフレームワークを変更
  4. そのため、今回雇用統計が強くともFRBはすぐには利上げしないと考えられる

インフレターゲットのフレームワーク変更は非常に重要なので、じっちゃまは放送で何度も何度も何度も説明されています。

 
 
SAN
詳しく見ていきましょう
 

景気回復を折り込んで10年債利回りが上昇している

景気動向を測る指標として、もっとも重要視されているのが雇用統計です。
コロナワクチン接種や景気回復を受けて、今回の雇用統計は強くなることを市場は予測し、その結果10年債利回りの上昇という形で折り込んでいる
 
そのため、雇用統計の結果を受けて更に金利が上昇するとは考えにくい、とじっちゃまは考えておられます。
 

さらなる市中金利の上昇の条件

ここから更に金利が上昇するには「FRBの利上げ懸念」が必要です。
 
そして利上げの前にまずは量的緩和の出口戦略、いわゆる「テーパリング」が行われます。
 
 
SAN
一度政府の経済政策を復習しておきましょう
 
ばっちりわかっているという人は、飛ばしてください。
 

政府の経済政策は「金利政策」と「量的緩和政策」

不景気に政府が景気刺激策として行う政策は大きく2つあります。
  1. 金利政策
  2. 量的緩和政策

です。

金利政策
まず政府は「政策金利を下げる」ことによって、企業などがお金を借りやすい状態を作り、お金の流動性を上げることによって景気刺激を行います。
しかし、政策金利を0%にしても景気が回復しない、つまりインフレがおきない場合次の策である「量的緩和」を行います。
 
量的緩和政策
量的緩和政策とは簡単に言うと、政府がお金をばらまくことです。
今回のコロナショックでは政府が多くのお金を給付金や補助金という形でばらまいていますよね。
 
金融政策の順番としては
 
金利政策 → 量的緩和政策
 
です。現在はこの両方の政策がおこなわれています。
 

金融政策の出口

景気が回復してきたら、金融政策は徐々に引き締めれていきます。

そのときは緩和のときの逆の順番、つまり

「量的緩和政策」引き締め → 「金利政策」引き締め

となります。

「量的緩和政策」引き締め(出口戦略)のことをテーパリングとよんでいます

テーパリング

政府が打ち出す財政政策との相乗効果などで景気が上向くと判断されると、金融政策を正常に戻すべく中央銀行は出口戦略として量的緩和の縮小を実施します。英語のTaperingは「先細り、徐々に減らしていく」という意味ですので、量的緩和の縮小は『テーパリング』と呼ばれるようになっています。

 
その後、利上げが行われます。
 
 

FRBはテーパリングをおこなうのか?

 
じっちゃま
すぐにはFRBは利上げしない
じっちゃまはそう考えています。その理由を見ていきます。
 
 

インクルーシブ(inclusive)な雇用の改善が必要

雇用状況は改善しています。しかし、コロナショック前よりも人種間での格差が拡大しています。

そのことを受け、FRBのブレイナード理事は「インクルーシブな雇用の改善が必要」と発言しています。

ブレイナード理事とは、任期がもうすぐ終了するパウエル議長の次の議長として最有力の人物。

そのため彼女の発言には注目すべきである。

 
 
SAN
ヒスパニックや黒人の雇用をもっと改善させる必要がある。
 
さらに、コロナとは無関係に、AIなどの発達によりホワイトカラーの雇用に対して潜在的な圧力もあります。
 
 

インフレターゲットのフレームワークの変更

これが非常に大切なポイントです。

昨年FRBはインフレターゲットのフレームワークの変更を行っています。

インフレターゲット2%を「着地点」としてめざす

つまり2%に近づいてきたら徐々に引き締めを行う。

 
インフレターゲットをある一定の期間の「平均2%」を目指す

つまり、2%が見えてきてもすぐには引き締めを行わない。今までよりもどっしり構える。

 
これは、現在の先進国では高齢化や社会構造の変化で「潜在的にデフレプレッシャー」があります。
そのため放っておくとデフレになるので、今までのように高インフレを恐れて素早く引き締めを行っていては、ターゲットの2%に全然届かないわけです。
これらの背景から昨年フレームワークが変更されました。
 
 
じっちゃま
FRBはあわてて引き締めを行わない
以上のことから、
 
今後急激な金利の上昇は起きにくい
 
というのがじっちゃまの見立てです。
 
Q&Aでの、じっちゃまの利上げに関する返答
後半部分のQ&AでもこのFRBの利上げに対する質問があり、それに対して回答されていますのでここで取り上げておきます。
 
FRBが利上げしたらETFも売りですか?
利上げしたら売りだと思います。でも利上げしないと思います。
 
今年は一回も利上げしないと思います。
今年はテーパリングもしないと思います。
つまり今年はFRBは何もしないと思います。
 
 

注目Q&A

多くのQ&Aの中から、投資が学べる内容や、じっちゃま銘柄の続報などを取り上げます。

当ブログでは、視聴者が質問した銘柄で、じっちゃまが

 
じっちゃま
買いだと思います
と言及した銘柄に関しては「じっちゃま銘柄」とはしていません
 
あくまでもじっちゃまが能動的に言及した銘柄を「じっちゃま銘柄」としています。
 
 
SAN
では見ていきましょう
 

注目Q&Aの超時短まとめ

私が注目したQ&Aまとめます。

  1. みんなが恐怖に震えている場面が買いポイント
  2. 宇宙関連銘柄はストーリー一発ではなく、売上の予想が立ちやすい実業
  3. 現在のドル高はドル需要による一時的なもの(基本ドル安目線)
  4. 今はアメリカの資産を持ちたがっている局面。新興国株は売られやすいので注意
  5. 資本主義には債権と株式のバランスが自然に調節されるシステムが内包されている
  6. 今回の債券市場の下落の原因は、メガバンクのSLRが問題
  7. OKTAの買収は良い買収
  8. コインベースのIPOによってBTCは上がる
  9. グロース銘柄は利益が出せないので、四半期決算が特に重要。成長後は営業CFマージン、グロスマージンを手ががりに投資

グロースはゲロ吐きながら買う

昨日「買って」とツイートした背景を教えてください

みんなが恐怖に震えているから

これは、非常に大切な考え方ですね。

 
SAN
じっちゃまフォロワーは必ず履修すべき内容です!
 

株式の売買のタイミングについてTwitterにてじっちゃまが発言しています。

急落の初動ではこう発言されています。

 
SAN
みんなが恐怖に震えないと買い場ではない

コロナショックを振り返ってみても、みんながゲロ吐いてた3月4月にたてたポジションは信じられないくらいの利益が出ているはずです。

一方、バイデン銘柄として踊っていたクリエネやSPAC、小型株を1月2月に追いかけた人は今相当やられていると思います。

私はこういう状況でストレスなく買っていくために、ジムクレーマーが強調していることですが、「徐々に買っていく」ということを実践しています。

いつが底かはわからないので、下がっても買い下がって行けるように何回かに資金を分けて買うようにしています。

 
SAN
上がったら嬉しい。下がっても安く買えて嬉しい。
 

宇宙関連銘柄はAI・ビッグデータのど真ん中

これも、以前からおっしゃられていますが、非常に参考になるご意見です。

宇宙関連銘柄と聞くと、すぐに利益にはつながらない夢のような「ストーリー一発銘柄」と思いがちですが、そうではないとじっちゃまは言います。

AI・ビッグデータの解析の「元」となるのは画像や映像の生のデータ。

その生の画像・映像を衛星から撮影し取得するのがじっちゃまが推奨の宇宙関連銘柄です。

 
SAN
推奨銘柄については過去記事を参照してください!
関連記事

現在のポートフォリオ  SAN まだ全部現金です(笑)   じっちゃまは   金利の動きが落ち着いてから出動   とおっしゃっていました。 その言いつけを守り、まだ動いていません。まだ現[…]

 
AI・ビッグデータ企業にデータを提供する「実業」の分野だということです。
 
 
SAN
このことは過去にツイートされてます。

みんながドルの資産がほしいからドルが高い

 今のドル高に動いている要因は?
景気回復のスピードはアメリカが一番早い。だからみんながドルの資産を買っている。そのためにドルが高い
 
今ワクチンの摂取はアメリカがリードしてる。つまりアメリカの景気回復が一番早い。
アメリカの今年のGDP成長は7%くらいが見込まれている。
これは中国とかより高い数字。だからみんなドルの資産を買いに来ている。
ドルの資産を買うためにはドルが必要。ドルが買われている理由はそういうこと。
 

新興国はちょっと注意

EPOL(ポーランドETF)などうですか?
良いと思うけど、ドル高だから注意
 
ドル高の局面ではアメリカの投資家はアメリカに資産を移す。そっちの方が有利だから。
とりわけ新興国株式は要注意。

株や債権を売った資金はどこへ向かうのか

債券が売られて金利が上昇し、それによって株も売られました。売った資金はどこへ向かうのか
今はキャッシュ。しかし今後株価が低迷すれば債権に向かう。そうなると利回りは下がる。そうすると株価は持ち直す。
 
 
じっちゃま
このように、資本市場には自らバランスを整える昨日がビルドインされている!
 
 
SAN
多くの投資家が株式市場そのものに強気な理由はこういうことなんですねぇ
 

今回の債券市場の下落(金利の上昇)の理由

これは今回の株式市場のクラッシュの直接的な原因なので、是非動画を視聴してください。

今回の10年債利回りの上昇の理由に関しては、Twitterても発言されていました。

ここではそれを紹介しておきます。

 
じっちゃま
パウエル議長が一言「ウェルスファーゴOK」といえばすむこと
 

$OKTAは良い買収をした

$OKTAが買いな理由を教えて下さい
Auth0の買収によりライバル企業がなくなったから
 
Auth0はエンジニアなら誰でも「良い」と思うような企業で、OKTAが苦手とする分野を扱っていた会社。
OKTAがAuth0を買収したことによってライバルから潰される可能性はゼロになった。
 
 
じっちゃま
言ってみれば、ダースベーダーとスカイウォーカーが手を組んだみたいなもの!
 

コインベースIPOによってBTCがあがる理由

コインベースIPOによってBTCがあがる理由を教えて下さい
コインベースは顧客口座数がめちゃくちゃ多い。しかしほとんどは休眠口座。コインベースのIPOによってその休眠口座が動き出す可能性があるから。
 
このあたりも以前からTwitterなどで言及されています。
 

グロース企業では決算を特に重要視する理由

企業の業績の良し悪しを判断する際に、グロスマージン、営業CFマージンや、その伸び率を重視しているとのことですが、スタートアップ企業では営業CFがそもそもマイナスのケースも多々あります。このような会社は何をみて評価をしているのでしょうか。
四半期決算です。若い会社はまだ利益が出せない。だから事前の策として、四半期決算はちゃんと出せる企業を選ぶ。
 
良い決算とは
  1. 売上高
  2. EPS
  3. ガイダンス

この3つがすべてコンセンサス予想を上回ること

 
じっちゃま
本来はグロスマージン・営業CFマージンを出せる企業に投資するのが王道!

PF戦略

最後におまけで、私のPF戦略です!

 
じっちゃま
今はグロースが買い!!
さらに
 
 
じっちゃま
$ZM $OKTA $PINS が良い決算
ということです。
 
 
SAN
$ZMは保有しているので、$OKTA をPFに入れようかと考えています!
 
私のPF内容は別記事で随時公開していく予定です!
 

おわりに

 注意

じっちゃま自身は「推奨銘柄」とはおっしゃっていません。

・同じ銘柄でも売買タイミングで利益が出ることも損になることもあります。

投資の最終的な判断はご自身でおこなってください。

最新情報をチェックしよう!
>じっちゃま銘柄分析はnoteで公開!

じっちゃま銘柄分析はnoteで公開!

じっちゃまフォロー投資として、単なる銘柄分析ではなく、「じっちゃまがいつ何を言ったか」「なぜ推奨したか」など、じっちゃまの発言中心にまとめていきます。