5月23日 「じっちゃまフォロー投資」ポートフォリオ公開

運用成績

 
SAN
先週は全体的に上昇しまし!
 
 
 
SAN
元本割れからの回復!
 
「じっちゃまフォロー投資」のポートフォリオ運用方法についてはこちらを参照してください。
関連記事

当ブログのコンセプトは   素人の私がじっちゃま銘柄を運用したらどうなるのか?   です。   その運用結果(ポートフォリオ)を公開します!   ここでは、そのポートフォリオの運用方法・ルールついて書[…]

 

現在のポートフォリオ

現在のポートフォリオはこうなっています。

  1. $GE
  2. $NTR
  3. $EURN
  4. $PFE
  5. $PINS
  6. $ZM
  7. $OKTA
  8. $HMY
  9. $LNG

 

 
SAN
今回は変更なしです

それぞれの詳細です。

 
SAN

 

ハイグロや$EURNが上昇しました
 
 
SAN
前回入れ替えた$HMY $LNGは一旦上昇してヨコヨコに入った感じですかね
 

変更点

なし
 

今後のポートフォリオ戦略

さて、今後どうするかを考えます。

 

現在のじっちゃまオススメ銘柄確認

直近のじっちゃまの記事はこれらです。
ETF GateWay | ETF(上場投資信託)の情報メディア

4月27から28日にかけて実施された連邦公開市場委員会の議事録が今日(5月19日)公開されました。その中に見過ごせない記…

ここでは、連邦公開市場委員会議事録の中に「テーパーリングの検討の議論」という内容が出てきたとことが書かれています。
じっちゃまは以前より
 
じっちゃま
今年中のテーパリングは無い

 との意見です。
ここでおさえておきたいのは、この議事録に出てきたのは、「テーパリングの議論開始」に言及したのであって、「テーパリング開始」に言及したわけではないことです。
 
 
SAN
まだ議論開始の議論ですから確かに今年中にはテーパリングはなさそう
 
しかし、今までは、「テーパリング開始の検討すらしない」というのがFRBの姿勢でしたから、そこからは進んだことになります。
 
それを受けた市場の反応は、むしろハイグロが上昇しました。
 
じっちゃま
予想売り、現実買い
 
となりましたね。これまで金融引締懸念で下げてましたから、FRBの思惑通り前々から市場は織り込んでいたことになります。
 
 他の記事では
世界投資へのパスポート

米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 5月12日(水)に発表された米国の4月の消費者物価指数は、前年同月比+4.2%…

 
依然、好決算のグロース銘柄が相対的に割安で良いとのことです。
 
しかし、様々な記事でも書いておられるように、今は難しい局面に来ています。
 
 
 
SAN
一旦VTIに変えておくのも一つの手かもしれませんね
 

$GEを入れ替え

先日のライブの質問コーナーにて、$GEについてのご意見をお伺いできました。

 
じっちゃま
決算悪かったから、僕はもう売った。
 
とのことでしたが
 
SAN
まだ売ってません・・・
 
$GEを売って、$HMYや$LNGに移すか、VTI にしても良いと考えています。

 

$HMY $LNGの利確のタイミング

新たに加えた$HMYと$LNGは金と石油のコモデティ銘柄です。

コモデティ銘柄は値動きが激しく、グロース銘柄と違って長期ホールドという投資の方法は使えません

景気サイクルに乗じてうまく売りぬくというスタイルで運用することが必要です。

そのためこの2銘柄は割と短期で利確をする予定です。

 
SAN
一気に上昇したので、利確してもいいかなとも思っています。このあたりはじっちゃまフォロワーが自分で判断しなければいけない部分なので面白いところです。

 

じっちゃま銘柄に投資する上で忘れてはならないこと

 
SAN
いつも書かせていただいている内容です

「インフルエンサー銘柄に投資するのは危険」

「人の勧める銘柄を買っていては上達しない」

とかいろいろ言われていますよね。

そんな中で私がじっちゃま銘柄に投資する理由とそのときに意識して置かなければならないことを考えて記事にしています。

私が人から何かを学ぶときには常に意識していることなので、じっちゃま銘柄に投資しようと考えている人は、是非一度お読みください。

関連記事

下落局面では、Twitter界隈で必ずこの話題が出ますね。 投資初心者はインフルエンサーのオススメ銘柄を鵜呑みにして投資してはいけない!   私はこのブログでまさに「じっちゃま銘柄」を運用しますので、この議論に対する私の考えを書[…]

おわりに

 注意

じっちゃま自身は「推奨銘柄」とはおっしゃっていません。

・同じ銘柄でも売買タイミングで利益が出ることも損になることもあります。

投資の最終的な判断はご自身でおこなってください。

最新情報をチェックしよう!
>じっちゃま銘柄分析はnoteで公開!

じっちゃま銘柄分析はnoteで公開!

じっちゃまフォロー投資として、単なる銘柄分析ではなく、「じっちゃまがいつ何を言ったか」「なぜ推奨したか」など、じっちゃまの発言中心にまとめていきます。