インフルエンサーの銘柄に投資してはいけない!?―じっちゃまから投資を学ぶ―

下落局面では、Twitter界隈で必ずこの話題が出ますね。

投資初心者はインフルエンサーのオススメ銘柄を鵜呑みにして投資してはいけない!
 
私はこのブログでまさに「じっちゃま銘柄」を運用しますので、この議論に対する私の考えを書いていこうと思います!
 
 
SAN
今回書くことは、投資だけではなくいろいろな場合に応用できる考え方だと思います!
長くなりますが是非、最後までお読みください!
 
 

投資初心者は、なぜインフルエンサー銘柄を買うのか

もちろん

儲けたいから

なのですが、もし自分で儲けられる銘柄を見つけることができるのであれば、インフルエンサー銘柄をそのまま買う必要もないわけです。

つまり、ほとんどの初心者は

  • 自分で銘柄を見つけることが出来ない
  • 自分で考えた銘柄に自信が持てない
  • 市場動向(マクロ)や売買のタイミング(ミクロ)がわからない

わけです。

そして株式投資への参加者の大半はいつでも初心者です。初心者のほとんどは初心者を脱出する前に株式投資をやめてしまうからですね。

結局のところ、端的に言うと

自分で考えられないから真似してんだよ!
 
というわけです(笑)
 
 
SAN
もちろん私自身もそうです
 

指摘がずれている

自分で考えられないから考えられないから「インフルエンサー銘柄」を買っているわけで、

自分で考えて銘柄を決めろ!
 
という指摘は、かなり的はずれだと私は思います。
 
 

目標は「投資がうまくなる」こと

では、何も考えずインフルエンサー銘柄を買っていて良いかというと、そうではありませんよね。

今まで議論をふまえると、投資初心者の目標は、「自分で考えて銘柄が探せるようになる」ことだと言えます。

要するに「投資がうまくなること」です。

単に「儲ける」ことが目標なのではなく、投資が上手くなった結果、儲けることができるようになることが目標です。

であるならば、インフルエンサー銘柄に投資する理由は、儲けるためではなく、投資がうまくなるためとなります。

 
SAN
そこを勘違いしてはいけませんね。

投資を上達させるためにインフルエンサー銘柄を買う

結論が出ました。

初心者はなぜインフルエンサー銘柄に投資するのか
それらの売買を通じて、投資を上達させるため
 
ということになります。
 

何かを「学ぶ」ときの効率の良い方法

では、初心者は投資を上達させるためにどのように学んでいけばよいのでしょうか。

これは、投資だけでなくスポーツでもなんでも同じですが、何かを学ぶときは上手い人の真似をするのが一番近道です。

野球でも、とりあえずプロの選手のバッティングフォームやピッチングフォームを真似をして、練習しながら「なせそのフォームが良いのか」の理論的な肉付けもおこなっていきます。

そうすることで、自分なりにフォームを改善することもできるようになっていくわけですね。

誰にも教わらず、何も参考にせずに、「自己流でひたすら投げ続ける」という練習方法をする人はいません

さらに、一度もボールを投げず、プロの投球フォームのビデオだけを見続ける人もいません。

ヘタなりに、真似してやりながら上達していくはずです。

これが株式投資となると

インフルエンサーの真似をするな!
といきなり自己流で投げ続けろ!というむちゃくちゃな練習方法が押し付けられます
 
さらに
自分で考えられるようにまず勉強しろ!
 
ボールを投げず、プロの投球フォームのビデオだけを見続けるような、スポーツでは誰もやらない練習方法を薦められます。
 
 
SAN
学び方はスポーツも投資も同じだと思います!
 

上手い人の真似をしながら自分で改善する

上達するための良い方法は、自己流でチャレンジすることでもなく、ただただ机上の勉強を続けることでもありません。

そして、ただ言われるがままに脳死売買することでもありません。

真似してやってみて、やりながら考察を重ねることです。

真似をしながら同時に「なぜこの銘柄を紹介しているのか」その背景にある考え方や理論を学んでいきます。もし上手くいかなかったら、その原因を自分なりに考察していきます。

インフルエンサーとはコーチである

今までの議論から、投資を学ぶ私達にとって、インフルエンサーはスポーツで例えると、いわば「コーチ」の役割を果たしていると考えられます

そうであれば、参考にするインフルエンサーは「良きコーチ」を選ぶべきです。

コーチにじっちゃまを選ぶ理由

今までの議論から、インフルエンサーはスポーツで例えると、いわば「コーチ」の役割を果たしていると考えられます

そうであれば、「良いコーチかどうか」という視点で真似するインフルエンサーを選ばなければいけません。

良いコーチの条件は以下のようなものが挙げられると思います。

  1. コーチ自身が深い知識とがあり、それをアップデートし続けている
  2. 生徒を伸ばそうという強い気持ちがある
  3. 指示だけでなく、論理や考え方を教えてくれる

これらを満たしているインフルエンサーをコーチに選ぶべきです。

そしてこの条件を一番満たしているインフルエンサーがじっちゃまだと思います。

深い知識とがあり、それをアップデートし続けている

これは、もはや説明は不要でしょう。

米国株インフルエンサーの中でじっちゃまの知識はずば抜けています。

さらに、今回のコロナワクチン銘柄でもわかるように、新たな技術や銘柄に対するじっちゃまのアップデートは凄まじいものがあります。

生徒を伸ばそうという強い気持ちがある

じっちゃまをフォローしたての人や、Twitterをたまにしか見ない人は勘違いしやすいところですが、じっちゃまはインフルエンサーの中でも「初心者に投資を教えよう」という意識がとても高い人です。

これらのツイートからもわかります。

そして、じっちゃまはS&P500やVTIのようなインデックスの積立投資を一番オススメしています。

 
SAN
この大前提は忘れないようにしましょう

指示だけでなく、論理や考え方を教えてくれる

このことも、日頃からじっちゃまのTwitterやYoutubeライブを見ている人はよく分かると思います。

じっちゃまほど「魚の釣り方」を教えてくれるインフルエンサーはいないと思います。

これは、じっちゃま本人が口を酸っぱくして何度もおっしゃっています。

じっちゃま銘柄に投資する理由―超時短まとめ

長くなってしまいましたが、まとめます。

  • スポーツと同じで、上達するには真似してやってみることが一番の近道
  • インフルエンサー選びは、「コーチ選び」である。
  • 「良いコーチ」の条件を一番満たしているのがじっちゃまである。

こんな感じになります。

 

おまけ―じっちゃまからは投資以外も学べる

これはおまけですが、実は私がじっちゃまを尊敬する一番の理由は、投資ではなく「人生観・人間論」です。

壮絶な人生経験から得られたじっちゃまの「人生観・人間論」は本当に深いです。これらのツイートを読むのが実は、銘柄や市場解説よりもじっちゃまのツイートを見る一番の楽しみです。

このあたりも是非、当ブログで紹介していきたいと考えています。

じっちゃまフォロワーの我々が心に刻むこと

私たちがじっちゃまフォロー投資をしていく上で必ず心に刻んで置かなければならないことは

じっちゃまから投資を学んでいる
ということです。
じっちゃま銘柄を買って、「儲かった・損した」だけにフォーカスしているような人は三流のじっちゃまフォロワーです。
 

良き生徒の心構え

じっちゃまから投資を学ぶのであれば、私達は「良い生徒」でなければなりません。

尊敬する為末大さんもこんなツイートをしています。

良い生徒の心構えとはなにか?

次は、このことを考えていきましょう。

私は10年以上、バスケットボールのコーチをしています。

たくさんの選手を指導してきて、伸びる・伸びない生徒の傾向がわかってきました。

アドバイスに対してリアクションがない生徒
 
コーチの指導に対して、「素直に受け止めて、まずその通りやってみる」という素直なアクションがない生徒です。
こういった生徒は同じことを何度も指摘され、まず伸びません。
同様のことをじっちゃまも言っています。

 
じっちゃま
一度言われたことは一回で習得しろ。おなじことを何回も言わせるな。
ごちゃごちゃ言う前に一度、じっちゃまの言われたことをやってみて戦場に立ちましょう!
 
次にあまり伸びない生徒は
言われたことだけをやって、自分で考えない。
 
とりあえず言われたことをやってみることは大切ですが、何も考えず言われたことだけやってる生徒は伸びません。
投資に言い換えると、「何も考えず推奨銘柄を買ってるだけ」の人ですね。
 
Youtubeライブなどを見ていると、こういった人が多い印象です。
常に同じ銘柄を何度も「売りですかね?買いですかね?」と聞いているような人です。
 
じっちゃまがある銘柄で「売り」や「買い」と言ったときに「なぜそう言ったのか」を学んで、次は「この場合はじっちゃまならどう言うだろうか」ということを考えてきたいですね!
 
じっちゃま
俺は銘柄を教えているのではなく、魚の釣り方を教えている
これらのことを踏まえた上て、最も伸びる生徒は
教えられたことをベースに自分で工夫できる生徒
 
このような生徒になるのが理想であり目標です。
 
つまり、じっちゃまの教えをもとに、自分で売りどきを判断できるようになったり、買い方(一度に買うのか、徐々に買うのかなど)や自分にあった投資方法にカスタマイズできるようになることです。
 
 
SAN
為末さんのnoteも参考になると思います!
 
note(ノート)

うまく学べない問題は、教える側の問題でもあるという意見がある。これはあり得て、確かに教える側の技術によって学びは全く違う…

 
 

心構え―超時短まとめ

  1. 言われたことをまず素直に聞いてやってみる
  2. 言われたことをただやるだけじゃなく、考えながらやる
  3. じっちゃまの教えをベースに自分用に工夫を加える

投資初心者(私も)やじっちゃまをフォローして日が浅い人(2年以内くらい)はまず①と②を実践し、経験を積めば③を織り交ぜながらやっていくのが良いかと思います。

 
SAN
当ブログではとにかく①と②をやっていきます!
 

教えられ上手は最高のライフハック

ライフハックという言葉をじっちゃまはよく使われますね。

現在はネットですぐに情報が手に入り教えてもらえます。少額のお金を払えば本当に良質の学びが出来ます。

 
SAN
じっちゃまのnoteがその最たる例ですね。
 
だから、教える側、情報を発信する側の技術にばかり目が行きますが、自分の人生を良くするためには、自分が「教えられ上手」「学び上手」になる方が近道ですよね。
 
自分が「教えられ上手」になるというのは人生最大のライフハックです。
 
私自身は、どんな些細なことでも、何かを教えてもらうときはまず、「良き先生選び」に時間をかけてその後は、先述の①〜③を常に意識して学ぶようにしています。
 
私達はじっちゃまという「良き先生」を見つけることが出来たのですから、次は私達が「良き生徒」になることが最も重要なことだと思います!
 
 

最後の最後のまとめ

今まですべてのことをまとめます。

「インフルエンサー銘柄を買うな」は的外れ
イチから自分で考えるより真似したほうが上達は早い。
 
「インフルエンサー銘柄」に投資して、「投資をうまくなること」が目標
何も考えず言われた銘柄を買って「儲かった・損した」といっている人はダメ。
投資をうまくなるために「インフルエンサー銘柄」に投資しながら学ぶことが大切
 
インフルエンサーはコーチである
投資をうまくなることが目標であるならば、インフルエンサーはコーチである。
参考にするインフルエンサー選びは「コーチ選び」である。
 
インフルエンサーの中でじっちゃまは最も良いコーチである
  1. コーチ自身が深い知識とがあり、それをアップデートし続けている
  2. 生徒を伸ばそうという強い気持ちがある
  3. 指示だけでなく、論理や考え方を教えてくれる
我々は「良き生徒」にならなければならない
  1. 言われたことをまず素直に聞いてやってみる
  2. 言われたことをただやるだけじゃなく、考えながらやる
  3. じっちゃまの教えをベースに自分用に工夫を加える

まずは①と②を実践する。

教えられ上手(学び上手)になることは、人生最大のライフハック
学び方を会得すれば、全てに応用できる。

おわりに

 注意

じっちゃま自身は「推奨銘柄」とはおっしゃっていません。

・同じ銘柄でも売買タイミングで利益が出ることも損になることもあります。

投資の最終的な判断はご自身でおこなってください。

最新情報をチェックしよう!
>じっちゃま銘柄分析はnoteで公開!

じっちゃま銘柄分析はnoteで公開!

じっちゃまフォロー投資として、単なる銘柄分析ではなく、「じっちゃまがいつ何を言ったか」「なぜ推奨したか」など、じっちゃまの発言中心にまとめていきます。